スポンサードリンク

2007年12月30日

値が下がってしまうのが早い?BMWの中古車

以前からよく言われていた事ですが、ちょっと前までの古い型のBMWが故障が大変多く、特に、先代のV12エンジンを搭載したBMW 7シリーズ 750iLなどは、5年経てば鉄くず同然などと当たり前のように雑誌に書かれていました。

確かに、BMWのライバルとなる国産車はBMWに比べると、値下がりするのが遅く、数年後のリセールバリューのみを考えるのでしたら、新車購入は決してオススメできるものではないかもしれません。

ただ、中古車を購入することを考えると、750iなどは1000万を新車時は超える車です。

それを数年落ちくらいで300万とかいう破格値で購入できるのですから、そういった面ではお買い得感があると思います。

もちろん、各パーツは大変、高価なもので、特にBMWはブレーキパッドの減りが著しく早かったり、色々メンテナンスには費用がかかります。

購入金額が安いからといって、安易に飛びついてしまうのは大変、危険だと思います。

きちんとメンテナンスできる経済的な余裕があるか?を十分考えた上でじっくり選んで購入するようにしたいですね。
posted by BMWナビゲーター at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | BMWの中古車を購入する時のコツ

2007年12月26日

ボンドカーBMW Z8の動画

BMW Z8という車をご存知でしょうか。
たぶん、知らない方も多いかもしれませんね。

BMW Z8は1999年公開された007にてボンドカーとして出演したBMWのオープンカーです。

BMW Z8の価格は大変、高価なもので、Z8の最終モデルの日本における価格は、1,660万円もしたそうです。

Z3やZ4といったシリーズの中で圧倒的な頂点に位置した車といってよいでしょう。

Z8は日本においては滅多に遭遇することがない車です。

そのため、大変、希少性が高く、登場してから10年も経っていない今、生きた伝説的な車となっています。

Z8のスペックですが4.9L V型8気筒DOHCエンジンを搭載し400馬力で、トルクは51Kという当時としては、相当なハイパフォーマンスモデルでした。

それではYouTubeのアップされているZ8の動画をご紹介します。

↓こちらはゆったり優雅に走るZ8



↓こちらはBMW Z8 vs Ferrari 360
フェラーリF360モデナとBMW Z8が競演!


posted by BMWナビゲーター at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | BMW YouTube動画

2007年12月24日

BMWが大規模なリストラ実施との報道

BMWもついにリストラに踏み切る方向のようです。

SMWは2008年に数千人の人員整理に踏み切る方針であることを広報担当者が明らかにしたそうです。
 
今回のBMWが大規模なリストラに踏み切ったのは 収益性の改善を目的としているそうで、利益率でライバルのメルセデス・ベンツを大きく下回っていることから、追随するかっこうとなったようです。
 
BMWのリストラ対象はパートタイムの社員が中心。

しかし、正社員にもリストラの影響が及ぶ見込みだそうです。具体的には早期退職や自然減などで対処し、解雇をしていくということはないとのこと。
 
ドイツは大変、人件費が高い国ですうので生産拠点をアメリカや中国などに移管し人件費、コスト削減を目指す可能性もあるようです。
posted by BMWナビゲーター at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | BMW最新ニュース

2007年12月06日

日産GT-Rより速いBMW車はあるのか?

日産GT-Rというとんでもない車が出てしまい、BMWも、その対抗となる車がない状態ですよね。

性能比較でいうならば、BMWに新型日産GT-Rを超える車はありません。

元々、コンセプトが大きくちがいます。

では、BMWで速い車っていったい何があるのか、それをいくつか思いつく範囲で列挙してみましょう。

BMW M5 一時世界最速セダンだったであろう車ですね。
M5はセダンでノンターボ(NA)にもかかわらず、507馬力というハイパワーエンジンを積んでいます。

0−100kmの加速はそれでも4.7秒といわれています。

4.7秒という数字はこれでもいかにすごいかということは国産ハイパワーセダンに乗っていらっしゃる方の中には、わかる方もいらっしゃると思うのですが、おそらくランサーエボルーションやインプレッサWRXといった車と同等の性能を兼ね備えているはずです。

あるいは、よりハイパワーなBMWアルピナ B5 

こちらは510馬力。

最高速は300キロでるそうです。

今回、新しく登場した日産GT-Rはそれら、BMW車や国産スポーツカーを軽く凌駕し、世界的に見ても0−100kmの加速では一般の車では太刀打ちできる車がないほどの性能です。

メルセデスでいえば、マクラーレンSLR。
フェラーリでいえば、エンツォフェラーリ。
ポルシェでいえばカレラGT。

それほどの車と同等の性能というのですから、とても太刀打ちできる車がないといってもいいかもしれません。

BMWは速さで勝負する車を作ろうとは思っても、価格的に日産の3倍はしてしまうでしょう。

それほど、今回の日産GT-Rの登場は値段対性能という意味で驚異的なものといってよいかもしれません。



↑BMWの最速セダンM5と最速クーペM6の動画です。


↑新型GT-Rがアウトバーンを疾走する動画です。(参考まで)
posted by BMWナビゲーター at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 国産車とBMW比較
Google