スポンサードリンク

2010年03月22日

新型BMW5シリーズ

ようやくという感じですが、待望の5シリーズがフルモデルチェンジします。

先に登場している7シリーズの流れを組んだ感じですね。

現行モデルは登場時、インパクト大だったのですが、正常進化といった感じです。

それでは動画でNEW5シリーズをご覧ください。


posted by BMWナビゲーター at 00:48| BMW5シリーズ

2007年11月10日

BMW5シリーズ

現行となるBMW5シリーズは2003年7月に登場したモデルとなります。

今回の5シリーズは、以前よりもボディがグラマラスにそして、一回り拡大しています。

1クラス上がったような印象を受けますね。

ただ、先代から大きく外見も変わり、ヘッドライトはつり目。リアのデザインもかなり奇抜なものとなっているためBMWユーザーの中でも、現行の5シリーズのデザインに関しては、賛否両論のようです。

もちろん、その居住スペースは先代より大きく拡大し、後席の足元のスペースにもかなりのゆとりがうまれました。

またアクティブ・ステアリングを全車に標準装備しているのも、今回の5シリーズの特徴になります。

5シリーズというと皆さんの中でどんなイメージがありますか?

5シリーズは3シリーズと7シリーズの中間に位置するモデルです。

よい意見ではバランスが取れている。悪く言う人は中途半端、そんな意見があるようです。

BMW5シリーズは国産車で言うと、クラウンやレクサスGSといったモデルとボディサイズ的に競合するモデルになります。

BMWはドイツ車でアウトバーンという日本の高速道路のように100キロという速度をはるかに超越したスピードでの長時間走行でも、安心して走行できる性能を持っています。

日本のクラウンは足回りはふわふわしていて、一見、疲れにくいように感じます。

しかし、高速での長時間ドライブとなると、足回りが堅く、シートもタイトなBMWのほうが疲れにくい印象を受けました。

もちろん、同じ排気量で国産車とBMWを比較した場合、BMWのほうが圧倒的に価格が高いことが多いです。

同じ値段でという条件をつけりるならば、エンジンの性能や内装の豪華さだけを見るのなら、国産車のほうがすぐれているという見方もあります。

よく、5シリーズとクラウンちらがいいか?とか5シリーズとアリスト、またはレクサスGS比較などされている方もおられるとは思うのですが、そもそも、その国の道路事情によっても変わってきますし、車をどんな用途でえ使用することが多いか。これによっても変わってくるものだと思います。

さて、現行の5シリーズですが、排気量2500ccの525iから排気量が4800ccの550iまでラインナップされています。

マイナーチェンジ前までは545iが5シリーズの中で最も排気量が大きな車だったのですが、7シリーズが745から750に進化したのと同じく、この5シリーズにおいても550iを追加してきました。

以前より、5シリーズ全体が高級な車になった証でもあります。

ではBMW5シリーズ最大のライバルは?と聞かれたら、ほとんどの方がメルセデスベンツEクラスを思い浮かべることでしょう。

しかし、現行の5シリーズはメルセデスが目指す方向とかまったく逆の道を行っているように思えます。

メルセデスベンツEクラスが安心感や快適性を重視する人が選ぶ車だとしたら、BMW5シリーズは自らがハンドルを握り、ドライビングを楽しみたい車好きな方に圧倒的な支持を集めているようです。

その鍛え上げられた足回り、そしてノーマルでもチューニングされたかのようなあの独特なBMWの排気音。

自分でステアリングを握り車を自由自在にあやつりたい!

そういった方向けの車となっています。

デザインからもわかるダイナミクス、そして車の機能性、スタイリングを、今まで以上に高い次元で、再現してくれる車、それが5シリーズなんですね。
posted by BMWナビゲーター at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | BMW5シリーズ
Google