スポンサードリンク

2008年01月01日

ミニクーパーからBMWミニへ。

かつて、日本でも、お洒落でかわいらしいスタイルが多くの人に愛されたミニクーパー。

現在はBMWがミニクーパーのメーカーだったローバーを傘下にいれたため、BMWミニとして生まれ変わりました。

現在のBMWミニはミニクーパー時代より車のサイズもかなり大型化し、現在のミニは賛否両論。

ミニクーパーは軽自動車よりも小さく、室内においても、かなり窮屈で乗りづたかった点はかなり解消されました。

以前のミニクーパーはすきだけど、現在の大型化してしまったミニは受け入れられないという方も多くいらっしゃるようです。

ただ、BMWミニとして、一部のコアなファンによって支えられてきたミニクーパーの既存客ではなく、おしゃれで、せまくなく、かわいらしい現在のBMWミニによって、たくさんの新たなるユーザーを取り込むことができたのも事実。

かつてはイギリス車だったミニも現在はドイツ車。

BMWによって、相当な性能アップが図られました。

現在では直列4気筒1600ccツインスクロール直噴ターボチャージャーを搭載した走りに定評のあるクーパーSもラインナップに加えています。

このクーパーSはなんと最高出力175馬力と、かつて旧ローバー時代には考えられもしなかった高出力車。

コンバーチブルモデルもラインナップに加え、ユーザーの選択肢もどんどん広がっている状態です。
posted by BMWナビゲーター at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | BMWミニ
Google